もちろん「愛情」も大切だが
それ以前に
「料理は日常」だ

あれ?また良い事言っちゃった?

来年は日めくりカレンダーでも売り出すか!

・・・<料理は日常>と思ったのは
昨日のテレビを見ていての事。

「食費を節約できる簡単レシピ」なるものに挑戦している特集があった

閉店後は口も聞けないほど疲れていたので
夕食の支度をする前にソファに横になり
見るとも無く見る

なんでも・・・

新居のローンと小さな子供3人を抱えた共働き主婦が
「節約レシピのカリスマ」なるおばさんのレシピにそって
料理に挑戦するというもの

なるほど・・・しかもオール電化か・・・

節約レシピのカリスマなる女性が登場して
一日3品・1週間分のレシピを伝授する(ってどうやら紙を渡しただけらしい

・・・ん???

ちょっとお待ちなさいよ!

これ・・・メニューもイマイチだけど、作り方めんどくさすぎない?

食材のメインは「ちくわ」で節約!ということらしいが
この3人の子供を抱える主婦の時間は全く「節約」になっていない

やたら繰り返される<みじん切り>
揚げ油を用意しての<揚げ物>
蒸し器を用意しての<蒸し物>
さらに<オーブン>まで登場!のオールスター調理方法!

調理師学校の授業かいっ!

これ・・・無理だよ・・・

と思ったら、初日
(適当に見ていたので時間経過が不明)

食べ終わったダンナが料理を採点している
「合計55点。」
だそうだ

もちろん100点満点で・・・の話だ

そして多分何日かあと

テレビカメラは
料理に手間取り鬼の形相の主婦を映し出す

とっちらかったリビング
畳んでいない洗濯物
腹をすかせた子供たち・・・

その間主婦は
<揚げ物><蒸し物>などと格闘中

挙句の果てに「無理・・・」と言って泣き出す始末

当然だよ。

はっきり申し上げましょう
節約カリスマが失敗でございます

料理は日常
毎日繰り返すもの

だからこそ
栄養・見た目・美味しさ・手抜き
どれも必要!

だからこそ

30分で3品

そして

出来たと同時にほぼ片付けのメドが立っている
(もちろん<一定のメド>で大丈夫!

そして

そのうち少なくとも1品は翌日にアレンジ可能

奥さん!泣いてないでウチの料理サロンに通いなさいな。

っつーか、私がメニュー考えてあげるけど・・・。

と完全に他人事ゆえ
のん気にイチャモンをつけいい気になる

しかし
肝心な我が家の晩ご飯が出来てない

で、冷蔵庫を開けてみれば
うちにもあった「ちくわ」

これは単純に「磯辺揚げ」
そして翌日の弁当は細かく刻んで卵でとじて「親子丼もどき」

もちろんまな板要らず!ハサミでチョキチョキ切りましょう

薄力粉と塩と水だけで美味しい衣!
青海苔の緑が目にまぶしい!

と思ったら気づく

ビールで作る?

だってウチには「生ビールサーバー」があるも~ん!
しかも
エビス!!
122

ビールで作った衣は
それはそれはカリッカリで

ちくわもスゴくやわらかい!

って・・・

ちくわ もともとやわらかいじゃん!

鶏の唐揚げで使えば良いんだね・・・と教訓にして

残った衣に新玉ねぎをぶち込み、
玉ねぎのてんぷら

うまーーーーーーーーーーーーーーい!!!

鍋に1センチほどの極少量の揚げ油で済ませるので
油の片付けも調簡単!

宣言通り
てんぷらを作ってすぐに鍋の片付けのメドが立っている

と調子に乗っていたら
ホントに取材依頼が来た!

・・・って地元ケーブルテレビだけど。

「野菜ソムリエのランチ」の取材なんだけど
「野菜ソムリエらしいコメント」を求められているらしい

どんなコメントだ?

そしてやっと作りました「ラスクもどき」
これも作り始めれば13分で完成
34

焼いてる間にキャラメルつくり
焼きあがると同時にキャラメルをかけ

冷めると同時にバリバリ割って袋詰め

5
あとはオーブンシートに残ったキャラメルの端っこをつまみ食いしながら
お茶とともに一人自画自賛

料理は日常
そして私たちが暮らす地球上
残ったものは全て「再生可能エネルギー」となります