鎌倉ご自宅カフェ「Rietta営業日誌」→ブログ移転しました

7月4日ブログ移転しました http://ameblo.jp/caferietta

2010年09月

2011年上半期料理サロン

2011年上半期料理サロンスケジュール

上半期は「ちょっとビックリな家庭料理」でありながら
 「おもてなし料理」にも活用できるメニューを中心にご紹介します
 盛り付けやメニューのラインナップなど参考になさってください

 実演見学・ご試食(お食事とデザート・お茶付き)・・・2200円
 <毎回10時~11時30分>


*お申し込みは10月度の料理サロンに参加の方から順番に受けたまわります
*初めてご参加になる方はお申込金1000円を前金にて頂戴いたします
 (キャンセルの場合は返金できませんのでご了承下さい)

1月13(木)14(金)19(水)21(金)27(木)28(金)
「中華 春のお祝いパーティー」
・・・春餅<北京酢豚と野菜をたっぷりと><はるさめサラダ>・・・
  デザート=はちみつカステラ

2月9(水)10(木)16(水)18(金)24(木)25(金)
「大人から子供までの和洋折衷大皿パーティー」
・・・<根菜の炊き込みカレー><名古屋風から揚げ>
  デザート=バナナパウンドケーキ

3月3(木)4(金)9(水)10(木)11(金)18(金)
「春野菜の洋風パーティー」
・・・<菜の花のパスタ><丸ごとネギのソーセージ>
  デザート=苺のマリネ

4月14(木)15(金)20(水)22(金)
「目からうろこのアレンジ和風パーティー」
・・・<梅のパエリア><小魚のかわり揚げ>
  デザート=フルーツクレープ

5月12(木)13(金)20(金)25(水)26(木)27(金)
「カラフル野菜の人気中華パーティー」
・・・<マーボートマト><シンプルにらたま>
  デザート=マーラーガオ

6月9(木)10(金)17(金)23(木)24(金)30(木)
「夏野菜のカフェ風パーティー」
・・・<ラタトゥイユのロールサンド><焼き野菜のバルサミコ>
  デザート=ティラミス

*料理2品の実演と+2品のレシピ紹介です
*デザートの実演はありません



以上

スケジュールとしてはだいぶ先になり
ご予定も立て辛いと思いますので
ご検討のうえ、お申し込み下さい
(とりあえずのご予約はご遠慮下さい)

30代~70代の幅広い層の女性のお客様がメインです
お申し込みになった後も
「子供の学校行事が・・・」
「実家の用事で・・・」
「家族が病気で・・・」

何かと不測の事態もあると思います

ただ、貴重なお時間をさいてお代金を頂戴してご参加いただく限りは
「来てよかった!」とご満足いただけるように
これからも努力してまいります

ぜひ、お申し込み後は楽しみにしてご参加いただきますよう
お願いいたします

Rietta 店主 リエコ

アシスタントボーイ

常々思っていたことがある

世のお父さんが
「お天気お姉さん」をチェックするように

世のおばさんは
「料理番組のホスト」をチェックしているのだ

料理サロンを終えて、ランチタイムの入りが遅めのときに
一瞬の空き時間が発生する

ニュースもいいけど
料理番組は見ていて面白い

そして今日気づく
「ずーっとニヤニヤしてないか?自分???」

その原因は明確だ

料理の先生(=おばさん)の横でサポートするホスト役の(やや)イケメン

気づけばその一挙一動に釘付けである

おばさん先生の手が小麦粉で汚れたらすかさずおしぼりを差し出し

ちょっと変わった食材や隠し味などには
すかさず反応するクイックアクション!!!

しかも
「先生っ!それはなぜですかっ!」と疑問をぶつける
ストレートな姿勢がステキだ

おばさん先生が適当なコメントしても大げさに感動するなんて
泣かせるではないかっ!!!

さらに使い終わったお皿など次々片付け
アツアツのオーブンから皿を取り出す「汚れ役」をかって出る潔さ!

私の心は完全にアシスタントの(やや)イケメンに持っていかれている

おばさん先生など音声だけでいいから
ずーっとこのアシスタントの動きをメインにしたほうが
世の主婦の心を鷲掴みにできるのに・・・

いやいや!肝心の料理だっておいしそうだ

そしていつも困るのだ
レシピをメモるのが間に合わない・・・という悲しい事態

「あとでネットで調べればいいや・・・」と思って調べたためしがない

しかも、
「これくらいだったら覚えておける・・・」と思って覚えていたためしがない

しかも
「書くもの」と「書かれるもの」(つまり紙とペン)は
いつもおばさんの手元には無い

そしてあみ出した作戦
「携帯で撮る」

しかし悲しいかな、携帯ですら必要なときには手元に無い

そんな困り果てた私を救ってくれる
我が家のアシスタント王子!!!

「リモコンでここ押すと画面が止まるよ」

なにぃ~~~!!!!

まったく最近の若いモンは
教えてもいないのにどうして次々機械を使いこなしてゆくのか???

それを思い出し早速レシピを一時停止!

30
嬉しさのあまりその画面を携帯に納め
肝心のレシピをメモるのを忘れて一時停止を解除してしまった

・・・自分が嫌いだ・・・
窓の外は雨に濡れた朝顔とゆずがきれいだ

しかし、できれば花や果実よりイケメンを見ていたい
21


私を完全にサポートしてくれるアシスタントボーイ
広く募集中である

できればイケメンでお願いします


血はどこに?

何事も自分の都合のいいようにしか聞こえない

「飲んでる?」

本日の運動会の駐輪場でママ友に聞かれる

「もちろん!昼ごはんはすでにビールだよ!」

料理サロンを終えるや否や学校に駆けつけ
午前中の最後のプログラムに参加する王子を見て
早速外飯!

もちろん
「景気づけにビールだね!」
と1杯ひっかけてきたのだ

子供の運動会でなぜ母親が<景気づけ>をするのか
その<動機づけ>の方が不明だが

そんな事をイチイチ考えたらおちおちビールも飲めない

「ちがうよ!薬!!」

そういえば先日
薬の服用を勧められていることを
先日立ち話で言ったんだっけ・・・

知り合いの医療関係者に聞いてくれたらしい

「あれは飲んだほうがいいみたいよ!」
と親切なアドバイス

ごめんよ・・・「飲む」っていうのは「酒」に対する動詞でしか思い浮かばない

そして
相変わらず悩みは尽きない

ありとあらゆる悩みが怒涛のように押し寄せ

本日も王子と激論をかわし
涙にくれ

で結局
「考えるのやめよ」と問題を先送りしてみる

すっかり頭に血が上らなくなっているんだ!と思い
本日購入した
「足すっきりサポート」を着用してみる
29

頭に巡らない血がはたして足にあるのだろうか?

よくわからないが
もはや私は何の問題も解決する能力も気力もない

人生に答えがあるのなら
とっとと教えてほしいんですけど

どうなんでしょうか???

疲労MAX

「運動会」などやってもいないのに
「振り替え休日」だけはやってくる

で、ずーっと前から口を滑らせて約束させられたTDS
28

雨だし、やめようよぉ~
と朝グダグダしてしまったので出だしは少々遅れるが

それでも10時前には到着
それから延々・・・9時近くまで滞在し

断続的に降る雨と寒さ
おかげでヘロヘロである

帰宅後は深夜に及ぶ仕込み
そして早朝より再度仕込みと
料理サロン開催前に猛ダッシュで買出し

ちなみに月をまたぐ今週は
不覚にも「毎日料理サロン」という殺人スケジュールだ

そしてその事実に昨日気づいた・・・

夕方は疲れすぎて口も聞けない
そして人生で初めて

「疲れすぎて酒を飲みたくない」という現象に直面している

これは体によいのだろうか
よくないのだろうか?



家族の境界線

勉強の秋・・・

今日は終日
王子の中学の件で右往左往縦横無尽に駆け回る(?)

夕方からはあまり気乗りはしなかったものの
何か体を動かしたい~と七里まで打ちっぱなしに出かける

26
散々ドライバーショットを打ちまくった王子は
「あ~ストレス発散した!」
だそうだ

それはこっちの台詞だよ・・・

良かれと思ってやっていることが
本当に子供にとって良いことなのかわからない

そんな話題で昨日もママ友と家の前で立ち話・・1時間あまり?

みんな子供を思えばこそ
いろんな矛盾や葛藤とやりくりしながらがんばってるんだな~
とシミジミする

そうやっていっぱい考えて
やれることを全力でやった!と思えば

「親業」はある意味それでよいのかもしれない

人は思うようにはならない
自分の子供だったらなおさらだ

私も先日涙ながらに王子に相談したものだ
「人の人生に乗っかってはいけない!と思いながらも
どうしても貴方の人生をコントロールしようとしてしまう」と・・・

あらゆることを考え
検討し、相談し、
人様の力を借り

そして最善ではないかもしれないけど全力ではある!!と
胸を張っていえる子育てなら

責任はあっても、間違いなんてどこにもない
っつーか

子育てに失敗も成功もありゃあしない
あるなら
自分育てに失敗したんでしょう!

どんなときにも「自己肯定」に関しては人並み以上な私は
自信をもって
「私は母として全力を出しました!」と常に言い切れるので
きっとドン引きされるだろう・・・

たぶん当の王子は全然納得しないだろうけど・・・
親も人なり

こんな親の元に生まれてしまったんだから
受け入れてくださいませ・・・

急激に寒くなってすっかり気が弱くなっているので
今日はおとなしく家飯

「サラダだけでいいよ」という激太りの同居人の発言を真に受けて
ありとあらゆる野菜をサラダにする

野菜室は空っぽだ

ちなみに
「つまみくらいでそんなにいらない」といっつも言う割には

「浅漬けとかない?」とか
「ちょっと小腹がすいた」とか

結局私は
フルコースを作るシェフのように
次々「ちょっとした一品」を作り続けることになる

もう2度も念押しした
「本当にサラダだけでいいんだよね!」
ちなみに王子と私は主食にはパスタを作る

「パスタはいらないんだよね」
「漬物とかもないからね」

念には念を・・・・だ

そしてきっと言うに違いない
「何かちょっとつまむものない?」

腹の贅肉でもつまんでなさい

つくづく
家族であるが血もつながらない他人である
この「ダンナ」と呼ばれる生き物だけは未だに

理解したくもないし、理解できないのである

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ