鎌倉ご自宅カフェ「Rietta営業日誌」→ブログ移転しました

7月4日ブログ移転しました http://ameblo.jp/caferietta

2010年07月

悪循環

「今日の夕ご飯どうする?」

夏休みの最大の悩み・・・
毎日毎日、どうして人間は気づくと食べているのだろうか?

私は酒とジャンクフードもしくはお菓子で十分だという
人にはあまり言えない雑食?粗食系

店でやってることと自分の食生活、違いすぎだろ!
と自分で突っ込みたくなるが

自分の食べ物に手をかける熱意は全く無い

しかし、人より食い意地ははっているので
結局そのへんにあるもので済ませてしまう

そして太っているワリには貧血・・・というまったくの悪循環な体になっている

そんな私もダイエットの決意はある

決意はあるものの
動機と期日が明確でないため
未だ踏み出せないでいる

突然結婚が決まったら
ブライダルエステなどに通い
それはそれはやる気に満ち溢れるのだが

残念ながら結婚の意欲はあっても
意欲だけではどうにもならないこともある

全てのことが
「形から入る」私としては
いっそのことブライダルエステに申し込んでみようか・・・???

と、ワイン片手に妄想している

そんなヒマがあったら
家の中を片付けるとか
走り込みをするとか・・・

有益に時間をすごしたいもんだ

せめて王子がサッカーで留守の間
いらないおもちゃでも始末するか・・・

天の裁き

常に「最高」の人生を送っている私ではあるが、
そんな私もなかなか足を踏み入れることのない「最高裁」

今回6000倍?という倍率をくぐりぬけ
「親子見学会」に当選したのでママ友家族と出かける

訪れる前から
「何か自分にやましいことはないだろうか?」
「さすがに行きの横須賀線からビールを飲んだら入れないだろうか?」
「青島警部?はいるんだろうか?」
など、

大人ならではの不安をかかえつつ?の上京

そんなことはつゆ知らず子供たちは修学旅行気分で大はしゃぎである

親としては
これをきっかけに法曹の世界へ興味を持ったりして
などと調子の良い野望を抱えているが

ちなみに王子は「法曹」ならぬ「放送委員」である

いつも「嵐」の曲ばかり流して最近もリスナー(=小学生)から苦情をうけたばかりだという

あまりにもレベルが低すぎてよくわからないが
とりあえず興味本位のまま到着

一番大きい大法廷
ここで法務服を着させてくれたり
判決言い渡し体験?などというものがある
301


「判決言い渡しちゃいなよ!」とどこまでも軽々しい親の言葉に
「はずかしいから絶対嫌だ!」と頑として動かない小6男児たち

まあ、恥ずかしい年頃だよね・・・
と思う一方、
さっきまで

「飲みすぎにつき無期懲役」とか私に言い放っていた勢いは
いったいどこへ行ったのか?

スタンプラリーやらなにやらひとしきり楽しんで帰宅

「楽しいというより貴重な体験だった
と殊勝な意見を聞けたので
親としては満足だ

というか・・・親は帰りの電車で缶チューハイ飲んで
すでに満足だったけどね!

で、本日

こりゃまた近日中に富士山登山を実行することになり
(いつも急だよ!ウチは・・

急ぎ山小屋の予約をし、
足りないものをスポーツショップまで買いに出かける

杖・・・あったほうがいいよね・・・
これで揉める
2

ちなみにご朱印をもらえる木の杖は初回登山のときにすでにもらった

そしてあの杖は結構重くて、無いよりマシだが、2度目は使わない

どうする???
最安値で980円というのを見つけて3人分合計6本
この値段がワインだったら迷うことなくオーダーしている我が家であるが

悲しいかな、金銭感覚と価値観が極端に狂っている

買うかどうか迷いに迷う・・・

よく
「修学旅行は家に帰るまで!」と教頭先生が言っていてが
富士登山はスポーツショップから始まっているのかもしれない
(そして事件は現場で起きているけどね)

気分は
登ってもいないのに高山病!だ

結局
スキーのストックで代用し
今回は「激貧登山で。。。」ということで落ち着く

2年前より確実に体力は衰え
確実に体重が増えているのに
どうして登頂成功できようか!(いや、出来はしない

でもまあ話のタネにやってみるか・・・

前回は1週間ほど前から酒も控えてトレーニングを積んでみたが
今回はあえて「ありのままの自分」で挑戦しようと決意

というか・・・「ありのままの自分」って
結局自由に食べ、自由に飲み、トレーニングなど一切しない

ということなのだが

まあ、天の裁きにお任せしましょう・・・

どうでも良い発見

いよいよご近所のマダムからも
「夏休み、いいですね!」

と声をかけられるようになった・・・

はあ・・・もしかしたらこのままずっと夏休みかもしれず・・・

しかしそんな自分に気合を入れるように
昨日は「アトリエ教室」最後の日に
先生に感謝をこめてケーキを焼く

1
下はスポンジ上はゼリーのケーキで
先日大師匠から伝授されたもの

ちゃんと葡萄も皮を剥いたフレッシュなものを使いました

王子が試食
「どお?」
「スポンジもゼリーも美味しいけど、別なほうが良い」

なるほどねえ・・・そうかもね・・・
でもなんとなく一緒の方が豪華っぽいじゃん!

で、2ヶ月ほど前作った
王子の陶芸作品が届く

2
相変わらず素人とは思えない出来栄え

コップに箸置き
さらに「ipod入れ」

!!!!

この感性に感服

ちなみに私も長細い皿とドレッシングの容器を作った

これもまあまあの出来栄え

それにひきかえ・・・

同居人の愚作といったら・・・
ペンたて?
どうやらビールグラスらしい

だいたい中身の見えない陶器の器でビールを飲むのが
あまり好きでない私

だってお酒って見ても楽しいから

さらにビックリするほど分厚い飲み口・・・

ワインがグラス次第で味が変わるように
ビールだって薄い口当たりのグラスで上品に飲みたいもんだ

完全に失格であり
作品にはその人の人間性が現れるというのは
どうやら本当らしい

どうでもいい新発見


米どころは酒どころ

このところ、遊びほうけているような印象を与えかねないが
決して間違ってはいない

今回も1泊2日で王子を追いかけて新潟まで・・・

もちろん妄想BGMは「追いかけて横浜」である
(わかりますか・・・?古すぎて・・・)

王子は電車を乗り継ぎ無事?新潟某所まで到着して
ご親戚の皆様に温かく迎えられた様子

時刻はお昼
私たち夫婦はすでにクィックアクションがとれない中高年
東京駅ラーメン横丁?で行列ラーメンを食べ
まったりと新幹線で後を追って出発27


我が家は本当に社交辞令の通じない家なので

「遊びに来てくださいネ」などというありがたいお誘いは
ほとんどの確率で本当にお邪魔してしまう

今回も私たちからみたら遠縁?かもしれないが
いうなれば
「便乗」させていただき花火大会にお邪魔する

酒どころ新潟なので「大吟醸」ならぬ「大便乗」か?

到着すでに夕方
王子一行は海で泳ぎまくっているらしい

ひっそりと公表・・・
・・・銀座の小料理屋で出したら末端価格(←というのか?)10万円
1


日も暮れ始め
うっとりするような夕日を見ながら徒歩でご親戚宅の屋上に到着

会場(海上でもある)まん前!!!
さえぎるものなし!

すでにテーブル&椅子がセットされ
次々酒やおつまみが登場する
23


もう気が気ではならない・・・
これ1席1万円で売れるよ・・・
しかもこの人手
何か売りた~い!!!

広い屋上は軽く50人のテーブル席確保できる・・・

ふと我に返る
感動する事にイチイチ価格設定をしてしまうあたりが
決してセレブにはなれない証・・・

人生で見た花火の中で一番豪華で一番特等席!
この2発で400万・・・!!!
4

いやはや景気のよいお話です

翌日も
海・温泉・魚・昼ビール
56
7


誰よりも新潟を堪能して
しかも帰りは人の運転する車で昼寝しながら帰宅

皆様のご厚意のおかげで
異常に楽しい2日間を体験いたしました

どうもありがとうございました

鎌倉のチャラチャラした海より
断然スケールが大きく!
断然水も綺麗で!
断然食べ物が美味い!!!(酒も)

日本海バンザイ!

勉強の夏

王子の髪の毛が伸びてきた
いつもスーパー銭湯の床屋さんで同居人とともにカットしてもらうので

さっそく日曜日のサッカー後に予約をいれる

お風呂道具をもって王子をお迎えに行き
一路スーパー銭湯へ・・・

車を止め一言
「1000円しかもってないけど大丈夫だよね?」

今更言っても仕方ないが
なんとなく言ってみる

するとすっ呆けた同居人が
「え・・・お財布持って来てないけど。」

はぁ~~~???????????

大人なのにその無防備さと依存心は何???

ちなみに我が家は完全別会計である
「自分のことは自分のお金で」なので
私が家計を預かっていたりもしない

あせった大人2人は王子に視線を注ぐ

「あんた、お財布持ってきたよね」
「え・・・?」
青ざめる王子
「でも使いたくない新品の2千円札しかないよぉ~」

計算を始める
みんなの入浴料と髪の毛カット代
しめて3500円

私は千円・王子は2千円
そして小銭が・・・750円・・・

ギリギリ足りた

しかし王子は不服そうだ
「せっかく大事にとっておいたのにぃ

そうだよね

一方すっ呆けた同居人は
ギリギリセーフだったことに、やたら達成感を味わっている
「すご~い!みんなの力を合わせれば出来るんだね

バカかぁ~

母と子の力を合わせているが
おまえの力はまったく合わせてないだろ!

怒る気力もなく風呂に向かう

疲れをとりに来たのに
なぜか妙な疲労感を感じている

ロッカーは返却式で100円
なぜか人様のロッカーの返却口に
とり忘れの100円がないか視線を走らせる

ついでに自動販売機の下に小銭が落ちていないか
それとなく真剣にチェックしている自分

これじゃあ湯上りにビールすら飲めないよ・・・

しかし世の中
捨てる神あれば拾う神あり!

「本日ワイン風呂&湯上り処にてグラスワイン100円でサービス!」

なにぃ~!!!

ロッカーの返却の100円で一杯飲めるではないか!!!

そう思ったらおちおち風呂も入っちゃあいれれない
早々に一人湯上り処でワインを傾ける
今日はものすごくちびちび飲む

人様のテーブルにならぶ
生ビールやら冷やしトマトが
やけにまぶしい・・・

格差ってこういうことなんだ
身にしみて感じる猛暑の夕方
26

そして本日
王子が一人で東京駅へ向い
いとこと待ち合わせして一路新潟へ!

はじめてのおつかい!ならぬ
はじめての冒険!

家で送り出す同居人を尻目に
私は鎌倉駅のホームまで送る

心配でならない

横で電車を待つサラリーマンに
「この子をよろしくお願いします」といいたい気持ちをおさえ

さらに
すでに満席の電車で座る女子高生に
「降りたらこの子を座らせてください」とお願いしたい気持ちもおさえる
1

結局王子は通勤電車で立ちっぱなしで東京駅着
迷いに迷って新幹線改札の待ち合わせ地点にギリギリ到着
(らしい)

その間3回ほど
「迷った~」と電話が入る

「駅のお兄さんに聞きなさい」としか言いようが無いが

携帯やらメールがある今のご時勢
「自力で乗り切る」とか「人に教えてもらう」ってなかなか出来ないことなんだな・・・と痛感

結局ギリギリで合流し、なんとか新幹線に乗り込んで
疲れきった声で電話が入る

私も一安心

が、これって・・・
キャラクターを動かして遊んでるテレビゲームみたい

はたして冒険なんだかどうだかわからないけど
きっと何か乗り切ってであろう王子

そして案の定抜け殻な私

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ