鎌倉ご自宅カフェ「Rietta営業日誌」→ブログ移転しました

7月4日ブログ移転しました http://ameblo.jp/caferietta

2009年04月

上には上が・・・

その昔、進学で上京してから帰省する度に、
ブタ「今度は○○がしたい!!」などと
次々やりたいコト・欲しいモノを親にねだっていた私赤ちゃん

つまりお金がかかる娘であったお金

しかし自分を肯定させたら多分関東地方代表くらいになれる私は・・・冠

ブタ「私立の医学部に進学させたと思えば安いもんじゃん!」と
お金を遣わせることが半ば親の存在価値といってもいいくらい
調子にのっていたスノボー

自分が親となった今では???と思うが、
親元はなれて一人で暮らす娘に親としてできることは
精神的な助けよりも金銭的な助けなのではないだろうか・・・と思っていたクローバー

誰よりもホームシックになるに違いない!と自分でも思うほど
実家から離れたことなどなかった私が、
ビックリするほどイキイキとなじんでしまった大都会・・・

田舎暮らしなど思い出すこともなく、さっさと遠い過去になったキラキラ

実際に精神的な助けは新しくできた同じ境遇の友達で十分だったバニー
(さすがに妙齢の女子の悩みは親にはすでに手に負えない・・・ダメ

しかしそんな娘をして、母親は
ウサギ「次に何を言い出すかわからない、決まってお金がかかる・・・
家に強盗がいるようだ・・・」
←今考えてもなかなかの表現である拍手

そして
「上ばっかりを見てもしかたがない・・・」と時にはたしなめられた音量

これは地方出身者しかわからないと思うのだが、
下をみて暮らすことが出来るなら、なにも東京になどこなかった怒

ずーっと親元でスネをかじり、
地元のそこそこ金持ちを結婚して
子どもが出来てからも事あるごとに実家にいりびたり・・・アウト

「そんな生活でよし!」と未来を選択できたら
地元で「そこそこ出来る女」(←古いねえ・・・)で満足してただろう音符

そして進学という進路では、努力(勉強)すれば必ず成果になったのに、
悲しいかな・・・
自分の能力以外で人から評価されることを人生ではじめて体験したのだ悲しい

つまり、容姿や出身地であるびっくり
貴重な体験だったなあ・・・

だから王子には早々に一人暮らしを体験させるつもりである
人生体験してみないと絶対にわからないことがあるメガホン

一人になってみて、
はじめて親のありがたさドキドキ大
自分ひとりではどうにもならないジレンマ・・・ハート割れ
数々のギフトがもたらされると思うプレゼント

この手の話を大げさにさせたら、多分「林真理子」氏の次に語れると思う本

そんなコトを思い出した今日の一本の電話携帯

そもそも王子の髪の毛をカットするのが面倒になった私散髪
(今までは事務用はさみで適当に切っていたはさみ

この分野でもいけるんじゃないか?位、そこそこ上手だと今でも思っている力こぶ

しかし面倒くさい・・・汗

いよいよ美容院で切ってもらおう!
と前からめぼしをつけておいた店に電話をいれる携帯

留守電だ・・・休みなのかなあ?家

するとぶっ飛びのメッセージが流れる音量

散髪「ただいま営業時間中ですが、外出しております。
またおかけ直し下さい」・・・で切れた困った

あまりのあまりに、絶句するバラ

なんだか煙にまかれたようである幽霊

コレでいいのか、ダメなのかさっぱりわからない汗

でも
ブタ「そんな手もあるのか・・・」としばらくしてシミジミする

ウチも
「営業時間中ですが、昼寝していますZZZ
「営業時間中ですが、カラオケ練習中ですマイク」など・・・
さまざまな留守録テープを用意する必要性を感じるメモ

上には上がいるもんだ山

これも貴重な体験であった・・・
で、いつになったら予約がとれるのだろう???汗

c0510881.jpg
d9d8981d.jpg

さらにこれもある意味上には上?
「アイスナス」

その不思議な響きに見入ってしまう・・・
「アイスキュウリ」もある・・・

友達情報によると、このキュウリだけでピーク時は
ン十万円の売り上げになるらしいお金

キュウリ御殿できちゃうよ・・・キラキラ

そしてウチはといえば、例のサービス券を作る
有言実行だね!自分OK

7f92b7b8.jpg

さらに王子の友達に好評のホットサンド
試合の弁当に持たせたらウケたらしい・・・食パン
だって「アントニオ」製だもんハート矢

注:新しいお父さんの名前ではない。。。(だったら良いけど・・・ドキドキ大

シナトラか!?

先日の温泉旅行へ行く途中、熱海の魚介イタリアンのお店に立ち寄った料理

駅に着き電話を入れてみると
犬「お子様は一人でコースをお召し上がりになれますか?」

ブタ「コース???」

なんでも必ず全員がコースを注文するシステムらしいメモ

その店には行ってみたかったので
とりあえず「食べます!」といって30分後に席を確保する携帯

車で7~8分の距離だが、せっかくなので腹ごなしに歩いて向かった足跡

晴天の中これもなかなか気持ちいい!太陽

そしてちょうど時間に店に到着家
お店のオーナーらしき若い男性は・・・

犬「先ほどはスミマセンでした・・・。
ただ、お席を用意しても<皆で取り分けますから>とオーダーなさらないお客様もいらっしゃって・・・汗

ブタ「わかります!!!」(咄嗟に大声で返答する)

思わず目を見て深くうなずく、
まがりなりにも同業者ですから・・・とはさすがに言わなかったけど
その気持ちは痛いほどよくわかるクローバー

なんだったら閉店時間を見計らって一杯のみに誘って
続きは赤提灯で話あってもいいくらいわかってしまう熱燗

見渡せば席数14席の店、
厨房には1人シェフがいるらしく、
オーナーとおぼしき男性はフロア担当である冠

確かにこの規模で売り上げの損益分岐点を考えたら
客単価は落としたくないだろう・・・メモ

そして思った
私も商売してなかったら絶対にわからなかったこの気持ち!

特に自分の性格も考えて、こんな場合はきっと
ブタ「なにぃ~!!!なんか失礼じゃない!怒」くらい思ったかもしれない

確かに「全員コースをオーダー」はちょっと面食らったが
意図はよくわかる鐘

結局イタリアンのコースなど食べたこと無い王子も
「カブのスープ」の美味しさに驚き
「白身魚の香草焼き」をたいらげ・・・拍手

あげくのはてには
フランスパン用に用意されたオリーブオイルに
サル「バルサミコが入ってない」と他人の子どもだったら間違いなくムカつく一言を発する炎

注:バルサミコ酢とオリーブオイルで食べるフランスパンは
以前ハワイで彼の「美味い物リスト」に入ったのであるハート矢
なにも家で食べているわけではない悲しい

結果、
普段食べない美味しいものを食べられ、王子としては良い経験になったOK

そしてちょっと前のこの経験を何で今頃思い出したか?というと・・・音量

・・・ここからが言いたいことでございました・・・

それは
当店の「お子様お断り」についてである赤ちゃん

結論から言うと、意図はなかなか理解されなくてもそれは仕方がないんだ・・・ということ悲しい

あいかわらず意思の弱い私は
張り紙を数箇所出してあるにもかかわらず、
見ちゃあいなくて、来店する「お子様連れ客」に
「お断りなんです」といってみるものの・・・悲しい

結局
ブタ「今、空いてるからどうぞ」とか
猫「うちの子おとなしいんですけど、それでもダメですか?」に寄り切られたり

更にその行く末は
お客様も私も、双方が必ずしも満足する結果になったためしがないハート割れ

途中で泣き出す子ども、
食事の途中で帰らざるを得ないお客様
こぼされるお水・・・

そりゃあ子どもはジッとしているわけもなく、
水があればもちろんこぼすし、
皿だって割る・・・
食べちらかすし、なぜかべたべたな手でガラスをさわる赤ちゃん

それはあたりまえだ
それがいけないとか、ちゃんとしろ!というのではなく

ウチのこの体制では対応できません・・・というものであるダメ

結局、
私の意図は理解されずとも、
どんな場合にも例外なく「お子様お断り」をする決意を新たにした力こぶ

鬼と思われようとも
あの人冷たいのね・・・と言いふらされようとも悲しい

これは決めたことのなのだびっくり

しかし落ち込むジェットコースタ

決めることは簡単でも、どんなときにもそれを守るということは非常に難しい汗

そして一晩寝て思いつく電球
(この変が私の天才の所以だ冠

「某テーマパークをマネしよう!OK

e5563ca6.jpg
ちなみに某テーマパークでは身長制限のアトラクションに
身長が満たない場合には
「伸びたときにまた来てね」カードがもらえるプレゼント

これはいわばファストパスとして使えるのだクラッカー

王子も幼少期よりたまったカードが何枚かあるドキドキ大

しかし身長制限をクリアした今
ヤツは
サル「怖い乗り物には乗りたくない!」とガンとして乗らない

宝の(?)もちぐされ???

まさかそのうち「彼女との初デート」のときに
自慢げに使うのではなかろうか?怒

自分の妄想に
「彼女ってどこの誰よ!!!炎」と怒りモードになる

しかし安心してほしい!(誰に?)
一句詠もう
「初デートもちろん私も一緒だよ!」メモ

これも理解されないのかなあ???

しかし人間、その立場にならないと理解できないこともあるクローバー

世間様に何と思われようとも(って世間様って誰?)
私はわが道を行くのだ!力こぶ

耳元ではすでにさっきからシナトラが大音量で歌っているマイク

今日の自分へのご褒美↓
dc57e95c.jpg



マスク商法

だと思った・・・豚インフルブタ

家にマスクはあるけれど、念のためにと薬局に寄る病院

店頭にマスクや消毒液や使い捨て手袋など・・・
さまざまなコーナーがあるに違いない!!!力こぶ
と予想していたのに、

全く何もなしだった・・・汗

こんなときに不謹慎だが、
世の中をあおるつもりはないものの、
商売なんだからコーナーを作って対策グッズをまとめておいたらいいのに・・・音量

c0cb96ed.jpg
そして店の一番奥のマスクコーナーに向かう足跡

案の定、9割以上売切れで残り4パックほどしかない困った

1週間ほど前に兆候はあったのだから、
早めに発注かけておけばよかったのに・・・携帯

またしても人の店ながら気になってしかたないメモ

が、とりあえず1パックかって家に帰る家

とにかく外出しないことが一番だびっくり
そんなに重症にはならないようではあるが、用心にこしたことはない注意

そして小さな店ながらも当店もいろんな方が出入りする場所・・・バニー

さっそくウィルス99%除去の空気清浄機を厨房にセットするOK
同居人の部屋から厨房に移動だカエル

加齢臭は再発するが、いたしかたあるまいダメ

食料だって2週間はおろか、1ヶ月くらいは食いつなげそうな位備蓄がある

こんなときは「飲食店でよかった」とチョコッと思ったりもするハート

ついでに生ビールも発注をかけておくジョッキ
(関係あるのか?)

とにかく人類に対する何かの警告なんじゃないか・・・と思うが
何とか沈静化してほしいものだ・・・不安だなあ・・・天使

そして手の痺れが全く無くなり、
新聞も目の高さに上げて読めるようになった本

ソファでくつろいでいても全く痛くない!!
もちろん夜中に痛くて目覚めることもなく
朝も痛みなしだ!朝日

痛んでいたところが、痛くなくなった
ということが普通だけどありがたい太陽

「気」って凄いな・・・
豚インフルも「気」でバリアをはれたらなあ・・・クローバー




すべては・・・

今日は休みだ国旗

王子を送り出し、ゴミ捨てをすまし、洗濯機をまわし
なぜか風呂掃除まですませ・・・走る

豚インフルエンザのニュースをチェックするパソコン

ソファーにゴロンとすわり、すでに顔を洗うのも面倒だアウト

それでも外でコーヒーが飲みたかったので

顔をあらい
ついでに化粧をしてシミをかくし、
眉毛をかき・・・クローバー

結局いつもの通り支度をしてスタバへ向かう足跡

お天気が良くて、人の淹れてくれたお茶を飲むのは実に気持ちいい音符
見渡せば店はマダムたちであふれかえっているバニー

これから買い物に行ってもよし、家で二度寝してもよし・・・ZZZ
「これが毎日だったらどんなに幸せか・・・ハート

と思って考え直す
毎日コレだったら全然楽しくないや・・・アウト

で、買出しを済ませ・外飯に出かけるごはん

もちろん休日なので昼ワインもかかさないグラス
21c7e980.jpg
32679317.jpg


「これが毎日だったらどんなに幸せか・・・ハート

と思って再度考え直す
毎日コレだったら全然楽しくないや・・・アウト

で、結局
毎日外で人に淹れてもらったコーヒーは飲みたいが、せいぜい週2~3日キラキラ

で、
毎日、外でランチなどしてみたいが、これもせいぜい月1~2回料理

このくらいが、私が
「はぁ~~~!!!幸せ~~!!!!!ドキドキ大」と痛感できる頻度であろう

そういえば、その昔激務のOL時代に
鬼の形相で仕事を片付け、ギリギリで成田へ向かいチェックインをすませ、
一路向かったハワイの某離島のリゾートゴルフ

日本人はほとんどみかけないその離島のホテルで
ガゼボで寝転びビールを飲みながらウットリクローバー

目の前の海でイルカが飛び跳ねる!というサプライズな瞬間に
心の奥底から

「はぁあ~がんばって仕事をしていて良かったバラ」と思ったものだ

働いてこその休日冠<自論>

人生がいつしか「毎日が休日祝日」なんて事態にならないように
自分の見聞を広め、行動し、働き、健康であらねばならぬ・・・と
今になって感じるクローバー

そんな私の午後の予定は「気功体験」である力こぶ

人生初!だ
この歳になって人生初は、
なんだか若返るような嬉しい勘違いをもたらす赤ちゃん

692637e5.jpg
藤沢から小田急線に乗り込み善行にて下車電車
そこから気功師(残念ながら貴公子ではなかった・・・)の先生宅に向かう車

どんなもんだろうか???
と思っていたが、
とりあえず全てを受け入れてみる気持ちで横になるZZZ

スースーっと、どうやら気を入れているらしい天使

都合の良いことに、私には「やる気」も「働く気」
ことによっては「気配りの気」も人よりちょっと少なめなので
体の中には先生の新鮮な「気」が入る隙間が人よりたくさんあるはず!クラッカー

などと妄想していたメモ

1時間と少し・・・
結果、腕の痺れがとれた~~!!!拍手
1年ぶりだ!

スッキリして気持ちよし!ラブ

何事もその人に合う合わないがあるとは思うが、
私にはこの先生の気がなかなかあったのでは!という成果だったブタ

しかし、残念ながら帰宅してから
パソコンに向かっての仕事パソコン
および
王子の宿題の添削をしては指導本
(これが結構頭を使う・・・汗

結局、肩のコリは軽く再発困った
まあ生活習慣でコリが出るのだからしかたないよね!

しかも
国語の長文読解の添削で、あまりにも王子がわからないので
必死に説明してたら発疹が出てきた・・・悲しい

長文読解を指導するのって、結局自分も文章を読解して理解してないと教えられないので、

結果、王子の学力向上よりも
私の頭がどんどん良くなっているようである校舎
これも実はボケ防止に一役かっているのではないか・・・?<自論その2>

何も「脳トレ」などしなくても
考えようによっては「一石二鳥」鳥

しかしすでに中年の体は正直なもので、
この添削タイムになると必ず発疹が出る病院
これも気功でなおせるのかなあ???

次に行ったときに先生に相談してみよう・・・
ってそれは「みのさん」に電話しなさい!とあしらわれるか???携帯
ってか、家庭教師センターか???

とにかく痺れがとれたことでちょっとスッキリ!クローバー

よい経験でしたリボン

明日もゆるゆるとがんばろう
全ては上手いビールとリゾートの為に泳ぐ

強風と人ごみ

一応GWだからと、張り切って超早起きして仕込みをしてみたものの・・・
強風に付き全然ヒマである汗

昨日はつまらなそうな王子を横浜まで映画に連れ出し、
終わったら高速飛ばして即帰宅してGW対策にあけくれる・・・車

37a2b0f4.jpg
看板書き直し、
メニュー作り直し、
更に色んな注意書き書きまくり・・・メモ

事前に出来ることは手をつくしたつもりであったOK

しかし、この悪天候大波

台風みたいな尋常ではない暴風が吹き荒れる中、
大家さんがレンガと紐で看板が飛ばされないように丁寧に対処してくれたクローバー

本当にいつもお世話になりっぱなしだ・・・すいません

たしかに強風だと、どんなに万全!と思われる手を尽くしておいても
飛ばされる~・倒れる~・・・が相次ぎ

物音がするたびに外へ出てチェックするので、本当に仕事どころではなくなる走る

まるで何かの罰ゲームのようだ・・・疲れる困った

本当にこの店は
私のやる気に左右され、天気に左右され・・・鐘

惑わされっぱなしの店だ家

しかし、店の売り上げ以上に気になる「豚インフルエンザ」ブタ

人はどうか知らないが、
私は人生でベスト3に入るくらいビビッている注射

WHOが全体像をあまり明らかにしないのも怪しい信号
きっと世界中がパニックになるからだと推察する飛行機

交通網が発達した現代では
パンデミックが起これば4日で全世界に広まるという星

本当に怖い・・・悲しい
そして思い出した電球

実はつい最近、同居人の加齢臭が気になり
高性能空気清浄機を更に1台買いたしたところだ冠

空気がキレイになったのかどうかは、実際に目に見えないので不明だが

同居人の睡眠が以前よりいっそう深くなり
爆睡している

ちなみに王子のイビキもこの空気清浄機?のおかげで完治しているサル

さらにあんなに気になった同居人の部屋のにおいが全く無い

今まで躍起になってシーツをあらい、布団を干し、カーテンを洗い
窓ガラスをアルコールで掃除し・・・

あれは何だったんだろう???

素晴らしい!!!と思っていたが、
今回の「豚インフル」のウィルス除去でも一役買いそうだ
ウィルスより細かい粒子もちゃんと除去してくれるのは安心であるクローバー

家の中は安心だが、
外出した時は、海外旅行者との接触は避けることと
人ごみには出かけないことを新たに心がける私なのだメモ

・・・と思っていたのに
この人ごみ・・・バニー

72f17b4d.jpg
開店前に近くの教会のバザーに王子と一緒に友達を訪ねたのだ天使

予想をしていなかったすごい人・・・困った

バザーに出店するのは好きだが、バザーの品を買うのはちょっと苦手である汗
王子が友達と合流した時点で早々に帰宅した足跡

そして店はヒマで、王子はサッカーの練習に出かけた
当然だが同居人は家になどいやあしない!

飲食店じゃあなかったら、店閉めて出かけるんだけどな・・・
仕込んじゃったからな・・・

働いても損をするときってあるんだよね・・・トホホドクロ

お客様はきっと来るときに集中して来るに違いない汗

人ごみは避けたいが、店はある程度人ごみになってほしいものだキラキラ








livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ